top1

 

 

「地域に愛を植えよう」

 

“あいうえお”という名前には、

私たちのそんな想いが込められています。

地域の手で子どもを守る。

それが“あいうえお”の理念です。

親の仕事の都合で夜を一人で過ごす子どもは少なくありません。

中には、誕生日パーティーやクリスマス、お正月を味わったことのない子どももいます。

そんな子どもを少しでも減らしたい。“あいうえお”は地域の駆け込み寺を目指します。

483044

 

 

top_2

 

“頑張るお母さんにも、子どもにも、安心してもらいたい”

だから“あいうえお”は安心で家庭的な保育をモットーに、お子様の成長に合わせた保育を目指します。

 

・基本的生活習慣を身につける(着替え・食事・排泄)

・社会性を身につける(ルールや決まりを守る・仲良く遊ぶ)

・外遊びを身につける(体の発達を促す・元気よく遊ぶ)

 

その他、季節に応じた行事を取り入れ、

4歳〜6歳には小学校に入学準備に

必要な文字や絵の指導も取り入れています。

 

 

 

top3

 

里山保育では、自然の中で過ごすことで

子ども達の発見や気づきから

自分で挑戦体験することを大切にしています。

四季や天候の移り変わりを感じたり、

生き物との触れ合いなど子どもが自発的に

体験できたりするよう配慮し、

豊富な直接体験を実践しています。

また、行事を通して保護者や地域の方にも

自然の中での活動の気持ちよさを

体験していただき、親子や地域の方々との

コミュニケーションの場となるように

努めています。

お花見や川遊び、お芋掘りなど

その季節ならではの体験をすることで、

その由来や日本の習わしなどを楽しみながら学びます。

 

s__2621548

 

 

 

top_h3_1

自然の中では様々な出来事があり、子ども達はそれを観察し、発見や驚きを繰り返します。

そして、好奇心を刺激され、自分たちで遊びをつくっていきます。保育者は安全に遊べるようあたたかく見守ります。

 

top_h3_2

 

自然の中にはたくさんの生き物がいます。その中でそれぞれがお互いの為に活動していることが多くあります。例えば花の蜜を様々な虫で分け合い、その虫たちは花粉を運び花の成長を助けています。そういった光景を見ることで、子どもたちもお互いの存在を認めあい、互いに協力して生きて行くことを学びます。

 

top_h3_3

 

どんなことでもやってみたいな、でも怖いな、と好奇心旺盛な子どもたち。その「やってみたい」から「やってみる」という一歩が大切だと思っています。やってみた“結果”に注目するのではなく、子どもの気持ちに寄り添い、失敗したってまた挑戦すればいい!と思えるたくましい心を持てるようにサポートします。

 

top_h3_4

 

子どもの頃には何度も転んだり、つまずいたりして成長してきたと思います。転ばない人はいないのだから、転んだってまた立ち上がれる強い心身をつくります。

 

top_h3_5

 

子ども達は地域の未来。子ども達はたくさんの大人の間で成長していきます。私たち保育者は、保護者の方と連携を密にし、子ども一人一人にあった保育を行います。また、地域社会とも心を通わせ地域の手で子どもたちをまもっていきます。

 

 

karikyuramu

 

top_h3_6

どんな日も外に出てその変化や違いを楽しみます。たくさん体を動かして健康な身心作りをします。

 

top_h3_7

自分たちで野菜や果物を育て、収穫し、調理します。全て自分たちの手で行うことで、食べる事のありがたみを感じます。

 

子どもたちはもちろん、保護者の方、地域の方々も楽しめるような行事にしたいと思います!

 

event

 

 

top5

 

top_h3_10

 

 

・ 入園申込書(誓約書)、印鑑 ・ 保険証のコピー、母子手帳のコピー(最近検診の欄)

・ 入園児の健康診断書(月極契約の方のみ)※用紙は園にあります。

・ 企業利用契約書(月極の方)、保育施設利用契約書(月極の方)

◎ 入園時にご提出いただいた書類の内容(住所、連絡先、勤務先、保険証など)に変更が生じた場合は必ずお知らせ下さい。

◎ 入園後新たに検診を受けた場合、母子手帳の再確認をさせていただきます(緊急の場合は医院にお願い致します。)

 

 

top_h3_11

 

 

・ 保護者の方、又は申込書に登録された方のみ送迎が可能です。やむをえず、他の方が来られる場合は必ず事前にご連絡をお願いします。

・ 防犯上、送迎時に身分証の提示をして頂きます。

・送迎時間(契約時間)を正確にお守り下さい。

・やむを得ず送迎時間に変更がある場合は場合は必ず事前に連絡して下さい。

 

top_h3_12

 

入園前にご準備ください。 登園時には忘れ物がないようにお願い致します。

 

0-2sai

 

・着替えセット一式
・パジャマ一組(お泊り保育時のみ)
・歯ブラシ(2歳から)
・毎月ティッシュ一箱・雑巾1枚(月極契約の方のみ)
・オムツ
・連絡ノート(1人1冊園で用意します)
・ひも付きタオル(手ふき用)2枚
・スーパーの袋(大)
・お茶(水筒)
・おしりふき

 

3-6sai

 

・着替えセット一式
・パジャマ一組(お泊り保育時のみ)
・歯ブラシ
・毎月ティッシュ一箱・雑巾1枚(月極契約の方のみ)
・ひも付きタオル(手ふき用)2枚
・スーパーの袋(大)
・お茶(水筒)
・連絡ノート(1人1冊園で用意します)

 

◎持ち物にはすべて必ずお名前を記入して下さい。

◎フォーク・スプーン・お箸は園で用意いたします。

◎汚れたものは、スーパーの袋に入れて持ち帰りますので、翌日には新しいものと交換して登園するようにして下さい。

 

top_h3_13

 

・ 履きなれた運動靴で登園して下さい。

・ サンダル、スリッパ、革靴などの運動に適さない靴は避けて下さい。

 

top_h3_14

 

連絡事項がある場合は連絡ノートにご記入頂くか、保育士に直接連絡して下さい。

 

top_h3_15

 

・ 連絡ノートは毎日必ず確認して下さい。

・ 園からの連絡や、お子様の様子などが記入してあります。

・ ご家庭からの連絡事項やお子様の様子などをご記入下さい。

 

top_h3_16

 

・ 園での給食時間

【昼食】 11:00〜12:00

【おやつ】 14:30〜15:30

◎ 遅刻によって上記の時間に間に合わない場合は、食事を済ませてから登園して下さい。(応相談)

◎ アレルギーなど、食べられないものがある場合は事前にお申し出下さい。

◎ 薬は1回分ずつ分けて持参して下さい。

 

top_h3_17

 

次の場合はお預かりできませんので、予めご了承ください。

・ 登園前から熱がある場合(37度4分以上はお預かりできません)

・前日に熱があった場合は用心のため、もう一日自宅で様子を見て下さい

・ 登園後、38度以上発熱した場合、お迎えをお願いします。(37度4分で連絡を入れさせて頂きます)

・ 伝染病の疾患にかかった場合。(登園後、発病の疑いがある場合もお迎えをお願いします)

・ 伝染病の場合、全治した時点で病院の全治証明書をもらって下さい。(証明書用紙は園で用意します)

◎ 抵抗力の弱い子供の集団では、伝染病が蔓延する危険があります。完治されてからのご登園をお願いします。

◎ 緊急の場合は、医院にお願いしています。

 

top_h3_18

 

園児たちの成長や園での様子など、お子様のことで気になることやご質問など、何でもご相談を受け付けています。子育ての悩みや心配ごとなどありましたら、お気軽に声をお掛け下さい。

 


 

子どもたちから教えられることは本当にたくさんあります

 

子どもは親の鏡

与えられてばかりいると、子どもは、批判を極度に嫌う気ままな子に育つ

口やかましく育つと、子どもは、自主性のない子になる

関心を寄せずにいると、子どものこころは、抜け殻となり気合のない無気力な子に育つ

けなされて育つと、子どもはこころの狭い反抗的な子になる

とげとげした家庭で育つと、子どもは、こころに余裕のないキレやすい子になる

不安な気持ちで育てると、子どもは、こころを閉ざし怯える子になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはナルシストで卑屈な子になる

子どもを馬鹿にすると、本当に馬鹿だと信じ込み努力のしない子になる

親が他人を羨んでばかりいると、子どもは、依存体質の強い主体性のない子に育つ

叱りつけてばかりいると、子どもは、恨み深く攻撃的な子になる

否定されて育つ子は、不安が日常化するため、それを常識と錯覚し、脅迫を誘導する子になる

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛すことを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋さんになる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは強い子に育つ

なごやかな家庭の空気の中で育てば、子どもは、この世はいいところだと思えるようになる

いずれも親に関わる問題であり、元をさかのぼれば夫婦・男女に起因する。

 

ドロシー・ロー・ノルト

石井千春/武者小路実昭=訳

 

 

 

 

top7

 

各園へ直接お問い合わせください。

 

 

top8

 

〒597-0005 大阪府貝塚市南町4−16

072-433-5300

不明点などありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

top9

 

 

 

保護者の声はコチラ

 

お問い合わせ